蔵元紹介

蔵元 有限会社 蒲酒造場
今考える伝統
蔵元 有限会社 蒲酒造場

宝永元年(1704年)初代 蒲登安によって創められた当蔵は、それから三百年の永きに渡り、水豊かな米処飛騨古川の地で、連綿と変わることなく酒造りをしてまいりました。
酒銘「白真弓」は、【ひだ】にかかる枕詞「しらまゆみ」に由来しております。万葉集には、「しらまゆみ 斐太の細江のすが鳥の妹に恋れか いをねかねつる」(巻代十二)の一首がありますが、なぜ「しらまゆみ」なのかは、飛騨に檀(まゆみ)の木が自生していたからだろうといわれております。
現在では、古川人の気質を言い表す「やんちゃ」をいただきました「やんちゃ酒」も大きなブランドに育ち、白真弓、やんちゃ酒を主として、発泡酒や高濃度酒、低アルコール酒など多彩なお酒をとりそろえております。
酒造米は、県内産の酒造好適米「ひだほまれ」を主とし、コクがあってなおかつ後味がすっきりとする、うまさを感じながら飲める酒造りを目指しております。その酒造の技は、数々の品評会、鑑評会において毎年入賞しておりますことからも認められております。
燗してよし、冷でよしの白真弓。新しい清酒のあり方を追求しながらも、永年地元の方々に愛され、育てられてまいりました酒の味わいを大切に、守ってゆきたいと思っております。

蔵元 有限会社 蒲酒造場